SCOTTIE×FRaU COLLABORATION BOX

  • SCOTTIE×FRaU コラボレーションボックス
  • SCOTTIE×FRaU コラボレーションボックス
Illustration : Yosuke Yamaguchi

私たちの毎日から、 海や森を守りたい。

海から生まれ、森に育てられて、私たちは発展してきました。
いまは、その私たちの日々の暮らしが、海や森の環境を大きく変え、
そこに生きる動物や植物たちの自然の循環をも揺り動かしています。

SCOTTIEとFRaUは考えました。

大きなことからはじめるのはとても難しいけれども、
毎日のちょっとした気遣いからはじめられることってなんだろう。
海の蒼さに思いを馳せ、森の恵みに感謝しながら、
毎日使うもの選び方や使い方をちょっだけ工夫してみたら、どんなことが変えられるか。
このページにたどり着いたみなさんと一緒に思い描きたいと思います。

壁に飾られた大好きな絵が
気持ちを温かくほぐしてくれるように。
いつも使うものやふだん目に付くものが。
海や森の豊かさを思い出させてくれるならば、
私たちはもっと環境にやさしくなれるはず。
そんな気持ちから、
海と森をテーマにしたイラストと
無作為に積まれた『FRaU』をモチーフに
SCOTTIE×FRaUのデザインが生まれました。

SCOTTIE×FRaU コラボレーションボックス

SCOTTIE×FRaU
コラボレーションボックス

一箱250枚入りで取り換え回数を減らし二酸化炭素(CO2)排出量を削減したSCOTTIEの3箱パックには森を、5箱パックには海をモチーフにしたコラボボックスが入ります。あなたのおうちにはどちらのイメージが似合いますか?
※数量限定

About SCOTTIE's SDGs

ティシューは毎日使うものだから、 環境に優しい商品を選びたい。

スコッティ ティシュー フラワーボックスは、一箱あたりの組数を160組から250組に増量しました。
交換回数を減らすことで日々の小さなストレスを軽減すると同時に、
ボックスティシューを構成するフィルムやカートンの使用量を削減。
また物配送の効率が良くなることで温暖化の原因とも言われる二酸化炭素(CO2)排出量の削減も実現できました。

  • コンパクトで 二酸化炭素(CO2)削減と省資源化

    CO2排出量とフィルム使用量が減!
  • 地球にやさしい商品づくり

    牛乳・ジュース等飲料の紙パック等、
    食品用途に使用可能な
    品質及び安全性の高いパルプを取り出し、
    原料の一部に使用しています。

  • カートンはゴミではなく 再生可能資源!

    ワンプッシュで折りたためる
    「らくらくフォールド」※3で、
    使い終わった箱はリサイクルに!

    ハコはエコに再生可能! 箱のたたみ方
    • (注)分別は自治体の区分にしたがってください。
  • 取り替えがラク

    使いたい時になかったり
    「もう交換!?」と面倒に感じたり。
    手間とストレスがつきまとう、取り替え作業。
    長持ちスコッティなら、手間やストレスも軽減。

    スコッティ ティシュー フラワーボックス 250組で1か月に6回の取り替えが4回に!スコッティ フラワーパック 3倍長持ち(シングル・ダブル)で3回の取り替えが1回に!
    • ※1 一般的なボックスティシュー150組5箱パックとスコッティフラワーボックス250組3箱パックの比較
    • ※2 従来品スコッティ フラワーパック12ロールと3倍長持ち4ロールの比較
    • ※3 特許番号4537330
    • ※4 3人家族で1日に30組のティシューを使う想定(1か月の使用量30組×30日=900組)

About FRaU's SDGs

今日からできる小さなことから、 やさしい暮らしは、はじめられます。

2018年、世界初の一冊丸ごとSDGs号を刊行してから、
FRaUはだれでもが小さなことからはじめられるサステナブルな暮らしを考え続けてきました。
これからも、読者のみなさんと一緒に人に、環境にやさしい暮らし方を探し続けていきたいと思います。

FRaU 2024年8月号(6月24日発売) 「木と森がつくる、未来。」

日本の森林率は約67%。そこに生育するたくさんの樹木たちは、いま荒廃の危機に瀕しています。伐採適齢期が過ぎはじめ、CO2固定もほぼ行われなくなった今、ちゃんと伐採して、ちゃんと使い、新しい木を植えていかなければなりません。ただ保護するのではなく、私たちの生活に取り入れることが、日本の未来を明るくするとFRaUは感じています。個人、団体、企業が取り組んでいる応援したくなるようなアクション、木や森に触れる楽しみ方、遊び方を広く紹介していきます。

  • FRaU バックナンバー

    Back Numbersバックナンバー

    FRaU SDGsは24年8月号で23冊目となる一冊丸ごとSDGs特集号を刊行し、サステナブルな暮らしを提案してきました。

    FRaUバックナンバーはこちらから
  • FRaU SDGs Members

    MembershipSDGs会員を募集しています

    FRaUではサステナブルの実現に、身近なことから取り組んでくださる「仲間」を募集しています。2024年6月現在、FRaU SDGs会員は約2600名。会員に登録し(無料)、いっしょに素敵な未来を共創しませんか?

    FRaU SDGs会員へのご参加はこちらから

環境に配慮したメディアであるために

株式会社講談社と大日本印刷株式会社は、FRaUの刊行にあたり、

  • 用紙にはFSC認証紙を使用しています。
  • 植物油を原料にしたインクを用い、大気汚染の抑制に努めています。
  • 雑誌の印刷製本には自然エネルギーを使用し、その使用電力量を開示しています。
TOPへ戻る